管理者による2月6日、2013

16コメント

多様性のためのチャンピオン

多様性のためのチャンピオン

隋·ラングPanoke

概要

政治における女性や少数民族を準備し、促進コンサルティングの創始者として、隋·ラングPanokeは、組織が ​​これらのグループの彼らの表現を改善するための機会を見つけるように訓練されている。 彼女は専門的な訓練に、相補的ではない矛盾に教会の彼女の愛を見ている。 彼女のワシントンDCの病棟でのシングルマザーと扶助協会会長として、隋·ラングは、教会の神の組織と福音が主と彼女自身の関係に成長する各メンバーを与える機会の彼女の証言を共有しています。

両者は第一世代は、末日聖徒イエス·キリスト教会に変換しているので、私は、私の両親の変換を始めましょう。 私はホノルル、ハワイで生まれ、大学を通して小学校からソルトレイクシティ、ユタ州で育った。 私は約7年前に大学院のためにワシントンD.C.に移住し、以来、グレーターワシントン地域に住んで愛されています。 主要なカルチャーショック! 良い意味で。

私の母は強いカトリックの家庭で育ちましたが、常に自身がもっと何かを探して見つけた。 高校卒業後、彼女は教会のメンバーだった友人を訪問するためにユタ州に行ってきました。 彼女は友人、隣人、そして宣​​教師たちから教会に行くために多数の招待を受け、1日、彼女は出席することにしました。 彼女はユタ大学のキャンパス内に礼拝堂に入った瞬間、彼女はすぐに精神を感じ、彼女は彼女が探していたものを発見したと、彼女の心の中を知っていた。 彼女は直後の宣教師によって洗礼を受けた、それ以来、強力かつ忠実に加盟しています。

私の父はオアフ島の小さな町ですナナクリ、で育った。 The legislative district in which Nanakuli is located has the highest percentage of native Hawaiian constituents in the country. My father is not a full-blooded native Hawaiian, but he's over 60%, which is very rare for this day and age. He was fellowshipped by the missionaries when he was thirteen. They took him to church and he loved it. He was baptized shortly after and ended up being the first missionary ever from his branch to serve a full-time mission. He served a Mandarin Chinese-speaking mission in Taiwan. My parents currently reside in Holladay, Utah and attend the Chinese ward at the University of Utah.

私の両親は、ユタ州で出会ったソルトレーク神殿で結婚していたし、ユタ州で家族を上げることにしました。 私たちは、ハワイで非常にカラフルな家族を持って、彼らは彼らがしたのと同じ道徳的価値観や精神的な信念を共有志を同じくする人々を中心に、家族を上げたいと考えていました。

それが良くなってきた国家が、ユタ州は非常に民族的または文化的に多様ではありません! 私はまだ私はDC地域でここに新しい人に会うと、彼らは私がユタ州から来たんだ見つけるたびに、それが多少言って見つける。 私は同じ3質問を受ける:あなたはモルモンか? あなたは共和党のですか? そして、あなたは一夫多妻ですか? 私は通常、笑い、彼らはモルモン教徒約これらの仮定に到着したし、それはそれから非常に興味深く、深い政治的、宗教的な議論につながる方法の詳細を探る。 その表面に、私たちのほとんどは避け、特にすることにしようと、DC-何とか私は自分自身が意図せずに、​​これらの会話にすべての時間を立見つける。 でも、私は、私は多くの場合、これらの議論の中で精神を感じ、常に私と誰と私は私たちの心は、新しい方法で開かれているとの会話を残すために話しているの両方を感じてしまいました、言わなければならない。 それがどのように、従事通信し、私から異なっている人々との接続を教えてくれたので、私はユタ州の私の生い立ちのために絶対に感謝しています。 それは私にさまざまな問題について私の意見を表明する機会を与えたので、それは(私はハワイの家系だからである)、常に少数派であることは素晴らしい経験だった。 私は、私は本当にの意見を持っていたとは思わなかった場合でも、人々はそれが何であったかを知りたいと思った。 学部として、私は独力女性、少数民族、進歩的、そして私の政治学のクラスのすべてにおける民主党の視点を表し; 私は頻繁に少数派として、またはプログレッシブとして、女性として私の視点を共有することが、私の教授が呼びかけになるだろう。 少数派であることはまた、リーダーシップの機会の多くをもたらした。 例えば、私は、マーチン·ルーサー·キング·ジュニア人権委員会に提供するために知事が任命された。 委員会は、州全体の教育の多様性を推進して投入した。 私はそのような機会に感謝していた。

私は頻繁にユタを訪れる色の人々から聞く一つの懸念は、彼らが強力なセンスや各国の人種プロファイリングと人種差別滞在中の他の領域よりも少なくとも強いと感じていることである。 私は色の人々は人種差別主義者や差別的であるとして不当な扱いであると知覚するものの任意のフォームを知覚することができる方法を理解することができます。 そして、私は経験していることを多くの場面だけではなく、ユタ州が、世界各地での最初の手を感じる。 しかし、ユタ州、具体的には、私は正直に、私は人種的に差別されていたように私は教会のメンバーだったので、私はほとんど感じないと言うことができます。 私が今住んでいるワシントンDCのような国の他の地域では、人種差別は依然として非常に多く存在しています。 しかし、ユタ州、私は宗教的な分離の強い存在感を感じています。 会員と非会員の間で暗黙の分離があるように時々私は感じています。 私は人種的な格差よりもはるかに多くを経験し、その格差を感じました。 私は浅黒い肌、濃い毛を持っている。 しばしば人々はどこだと思いますが、私は、黒ではないんだ。 私は、私は基本的にほぼすべての民族グループに適合することを可能にするもの、あいまいなルックスの1を持っている:私は、ヒスパニック系 - あなたはそれを名前を付け黒人、アジア人、あることのために誤解されている。 しかし、私は実際にハワイ先住民、フィリピン人、そして中国人だし、人々が見つかったら、ちょっと、誰がハワイを愛していないので、私は、彼らはすぐに私のところにオープンinハワイから来たんだ? 私はいつも、私は教会のメンバーだったので、ユタ州の私の白人の対応に受け入れ感じ、私はハワイ出身だったという事実はおまけのようだった! だから、私は "安全"とその社交界に含まれていた。

私はいつも私たちの教会の指導者が原因のため、特に、太平洋諸島、ハワイ先住民のための特別な、ユニークな愛と思いやりを持っていたことを「アロハスピリット。「私は実際にBYUハワイ大学生の私の最初の年に出席したと感じています。 私はカヌーショーでダンサーとしてポリネシア文化センターで働いていた、と私はあったものの、我々はヒンクレー大管長に会い、彼のために実行する機会がありました。 私たちは、彼の訪問の準備のために献身的な月と実践の数ヶ月を持っていて、彼は最終的に我々は謙虚にして優雅にそれほど彼を提供し、彼はプレゼントを受け取っれる方式だった来て、愛するとき、何が最も心を打たれた。 私は、数々の預言を聞いたことや、一般的な当局は、特別な方法でポリネシア人について話すと私たちの人々、文化、食品への愛を証明!

私は、主が不当ため、その肌の色が処理されている色の人、または重度の身体的または精神障害、基本的にこの地上に降りてくる誰を持って生まれてきた子供のための心の中で特別な場所を持っている感じそして、嘲笑差別、またはため、その制御不能であり、自分自身の側面のいくつかの方法で不当な扱いをされています。 キリストの目を通してそれらを表示するために努力することは、私は世界で不公平に見えるこの地球上に起こる物事の意味を理解する方法です。 私はその中で、主からの褒め言葉としてこのような状況や経験を見て成長して、彼は、彼らが直面するだろうと逆境のレベルを知って、それらの体内にこの地球に来て彼の最も強力で弾力性のある子供たちを選びました。 彼は、彼らの強さに自信を持っていた、彼らは学習の機会としてこれらの経験を表示するには、無条件に彼らの迫害を愛する能力、許すその力を行使する能力、および精神的な成熟度を持っていたことを知っていた。

独自のメディアや政治的指導機関を実行します。 どのようにあなたのキャリアの軌跡を説明しますか?

ユタ州では、私は地元の政治に関わるようになった。 私は、キャンペーンに志願し、すぐにユタ州のヤング民主党のリーダーの1になりました。 私の学部作業を完了した後、私は行政や女性と政治研究所の女性では、証明書、ポリシー、および政治的リーダーシップで私のマスターを追求するために広報のアメリカン大学の学校に適用される。 私の情熱の一つは、政治プロセスに従事する公職を追求し、公共のリーダーシップにおけるジェンダーギャップを埋めるに向けて努力する女性のエンパワーメントです。

私は大学院、娘、父、そして私たちの標準的なプードル週間前私たちに移動するにはワシントンD.C.に全国の運転のために、AUに受け入れられたとき、私は私が行っていたところ、我々は、生活するつもりだった理解していませんでした回避するには、どこに私の娘が学校に行くだろう。 私が知っていたすべてのDCは、私たちがすることになったと何とかそれがすべて働いた場所ということでした。

私の専門の関心は、公職に選出され、より多くの女性やマイノリティを得るにある。 我々の人口はますます多様化になると私は、私たちの政治的リーダーシップが、今度は、その多様性を反映すべきであると感じています。 我々はそれには長い道のりがあります。 私は、非営利セクターの、連邦および地方政府で、選挙遊説で、丘に、民間部門で働いてきた。 私は、政治プロセスの本質あらゆる面で少し経験を得ています。 私が学んだことを、これらの経験から出てくる、メディアは21世紀政治を活動の場であるということです。 あなたは政治の場で有効であることがしたい場合は、効果的にメディアに従事する方法を知っている必要があります。 メディアの風景は、政治情勢、およびその逆を変化させてきました。 私は政治的リーダーシップに女性や少数民族の間に存在する格差を研究してきたように、私も、同じ格差がメディアに存在していることを学びました。 それは私が実行研修機関が設立されたこの基本的な理解していました。 私たちは、女性や少数民族、個人や対象組織を、公共政策に影響を与える手段としてのメディアを使用する方法でそれらを訓練する。 自分の好きなトピックに関する論説、その同じトピックで話し、それらのビデオセグメント、および専門的なヘッドショット:私たちは、訓練参加者は3つの主要コンポーネントで構成され、「パーソナライズされたメディアパッケージ」を作成する機会を提供します。 各参加者は離れて、彼らはすぐに使用するように置くことができる実用的なツールを使って、ローカルおよびメインストリームのメディアに自分自身と視点をピッチに準備ができて私たちのトレーニングから歩く。

2010年に、私はラゴス、ナイジェリアの女性志願者のための研修プログラムを実施する共和党国際研究所に招かれました。 同研究所の使命は、世界中の民主主義を強化することであり、それは、女性の増加政治参加が強化されることを基本的な信念と政治的プロセスに携わるより多くの女性を統合し、エンパワーメントに焦点を当て、女性のプログラムを持っている国の社会、経済、政治安定性とインフラ。 私が入ってくるところです。メディアとの方法で参加するに女性を訓練することは、地域社会のリーダーとなり、最終的に公職を追求しています。 一緒に、我々は選挙遊説に効果的なメッセージングおよび政治的なコミュニケーションに50歳以上の女性の志願者とメディアの専門家を訓練した。 私は、アフリカと世界中の他の発展途上国の女性リーダーと協力し、私の経験から、非常に謙虚だったと私は基本的な権利と特権と我々は、多くの場合、アメリカで当たり前の生活の中で簡単なもののために、より深い理解を得ています。

あなたの大学院の学位を追求起動したときには、若い子のシングルマザーだった。 どのようにして、すべてが機能することを確認しましたか?

まあ、私は私の両親や教会なしでそれを行っていることができる方法はありません。 文字通り。 そのために私は感謝しています。 私の父は私が大学院に入ったままの状態で、基本的に私のフルタイムの乳母であることを志願引退公立学校の教師である。 私は日中働き、夜に学校に行ってきました。 私の娘は目が覚めた前にしばしば、私が家を出るだろう、と彼女はすでにベッドに行っていた後に帰国。 今振り返ってみると、私はこれが断然私にとって最も難しい部分だったと思います。 私は医者の任命に私の娘を取っていたし、彼女の最後の排便があった時に医師が私に尋ね、私は質問に答えることができなかった時間を覚えています。 私はその夜泣いた。 あなたは、母親として、バックステップを取り、あなたの優先順位を再評価し始めたときには、このような時代だ。

あなたはいつもあなたが彼女を妊娠した時に赤ちゃんを維持するつもりでしたか?

妊娠と一人で出産を通過すると全体的な経験は極めて困難であった。 最初は、それが精神的に、おそらく私の人生の最も暗い時間だった。 一方では、私は本当に同じように、自分自身に失望した「私はここにどのようにしてしまったんだろう? "これは私の人生計画の一部ではありませんでした。 私はいつも教会で活躍していない。 しかし、この経験を通して私はこれを通じて、私を助けるために、神の慰めと指導のために翌日を祈って私の膝の上に自分自身を発見した。 私はすぐに私の状況で、代わりに障害物として私の妊娠を見ての私の視点をシフトするためにインスピレーションを得た、私はギフトの最大のギフト誰もが永遠に望むことができるようにそれを見た。 これは、主は「戻ってくる」と言って、同時に私にすべて私の娘の最も貴重な贈り物を与えていた。 誰もになることを目指していない単一の親、それはあなたの子供の頃の夢、しかしではない、私は正直に、単一の親であることは私の人生で最大の祝福の一つとなっていると言うことができます。 それは私の証言は私が今まで想像していたよりも強い成長につながっている。 私はこの経験を経ていなかった私は、私はある程度の福音の証言を持っていないということを知っています。 私は、主が私たちが通過する試験を通過した理由のより深い理解を得ています。 それはすべて、私たちを教える私たちを謙虚、そして私たちの信仰を強化するために設計された彼のマスタープランの一部です。 私は、彼らが子供を持っているとき、多くの人が、彼らの精神性を高めることに専念し始めと思うし、それは私のために同じであった。 私の娘の誕生は、最終的には教会に私を持ち帰った。 そのために、私は本当に感謝しています。

私の娘 - それは主が「戻ってくる」と言って、同時に私にすべての最も貴重な贈り物を与えていた。

彼女が生まれたとき、あなたの家族はかなり協力的だったようですね。 そのサポートはすぐに来たのですか?

絶対に! 私は非常に幸運、私の家族は私が行うすべてでは非常に協力的ですよ。 私はそれの多くは、ハワイで私たちの文化や生い立ちから来ていると思います。 「アロハスピリット」無条件の愛と受容を繁殖。

私の娘と彼女の父親は、彼が私たちと一緒に住んでいないという事実にもかかわらず、非常に近いまま。 彼と私はまた私に関係するすべての当事者の感情的、精神的な幸福に不可欠である年間で健康的な共同子育ての関係を維持することができました。 私の父は、しかし、私の娘の日常生活の中で主要な父親像になってしまっています。 そして、私はそのために非常に感謝しています。 私の父は私が今まで知っていたほとんどのキリストのような人です。 そして、彼と私の娘は、常に非常に近く、特別な絆を持っていた。 彼女は彼女が彼を呼ぶような二、三歳の時、私はある時点で覚えて "ママ。"

あなたのライフプランやあなたのキャリアは、将来的に行くところを見ていますか?

私が年をとるにつれて、私は本当に落ち着くしたいです。 私は結婚したい。 私はより多くの子供を持っていると思います。 いくつかの非常に野心的なキャリア目標を持った人のために、私は私のキャリアの野望が少なく優先になってきて見つける。 世界における私の役割と場所は、私は精神的にに来ている場所よりも私にとってあまり重要になる。 私はこの考え方が政治の舞台でのキャリアを追求する非常に適してないかもしれませんが、知っている私たちが成長するにつれて我々の目標と優先順位を変更します。 私の目標は、今私は私の家族と私のキャリアに与えるエネルギーを意識さ​​れて、家の内側と外側、私の責任の間のバランスを達成するために努力することです。 私は継続的に、私は私が実現しすぎる私の家族の目標、を進めながら、情熱を持っていますプロの仕事を追求し続けることができる場所になるよう努め、今まで以上には、最も重要である。 私は自分の仕事によって消費されたそれらの女性の1になることは望ましくありません。 私はよく、DCに私は私の仕事に私のように私は私の娘のように多くの時間を費やしていますことを確認することを参照してください。 それは私が自分で家計を維持しています場合は特に、そのバランスを見つけることは困難です。 それは我々がより良いと良くなって、毎日、毎日プロセスです。

私たちは、それほど頻繁に他の人、私たちの成功は、当社の不具合、裁判、そして私たちに自分自身を比較する傾向が成果 - が、私は、私たちの生活は、競争ではないことを学びました。 私たち一人一人が地球上でここに独自の役割と使命を持っています。 どの2つは同じですん。 それは私が私が何を選択した任意の仕事に平和と喜びを見いだすこの知識である。

それはあなたのキャリアのすべてがかかることがありがちですが?

絶対に。 私はいつも、私は私の子供を無視してるような気がしたときに自分自身を確認する必要があります! 私を知っている誰もが、私は会議、ミーティング、ネットワーキング·レセプションに私の娘をドラッグすることで悪名高いです知っている。 しかし、私たちを知っている人も、私の娘の偉大なネットワーカー自身を言うだろう! ホームマイ取締役会の1先日から我々の方法で、彼女は誰かが自分の募金委員会に参加するために彼女を募​​集していたか私に言っていた! 私の最初に考えたのはそれは華麗だ、だった! 私は誰が正当な理由を主張明るく、美しい9歳の女の子にお金を与えるのは嫌だ、のようだった?

私は自分自身シングルマザーの唯一の子だった。 私があまりにもgrownup多くの場所に周りのドラッグしまった! 私は彼女が美しくやっていることを確認しています。

彼女は本当にです。 私は実際に彼女を尊敬! 私は彼女が私が彼女に教える以上のことを教えていると思います。 私の最も近い叔母の一つは、私が長年にわたって著しく本当であることが判明したことを数年前に私の娘についての観察を行った。 彼女はそのような若い年齢で子供見たことがないと言った」と彼女は話す前に考えています。「これは私の娘のような正確な特性であり、ちょっと、私はこれを行う方法を学びました、非常に多くの大人は知らないので、これは確かに思春期における成熟度の真の兆候である。

私は教会でのシングルマザーなどの固有の祝福を持っていることを感じています。 私は私の家庭内のすべてのショットを呼び出すことを得る。 私は、すべてのシングルと家族の活動に招待します。 そして、私はいつも私たちの宣教師たちにこれを言っているが、教会内のシングルマザーであることの一つの利点は、私は私が夕食のためにそれらの上に招待するときはいつでも、私の家で宣教師の両方のセットを有することが求​​めているということです。 私は自分の家で宣教師を持つ大好きです。 私は私の家庭で聖職の存在を感じて愛しているから、私は彼らの上が大好きな理由の一つです。 私はそのような若い年齢でこれらの男性は、右の通りを常駐私たちの世界の指導者のいくつかより、精神的に、さらに先そんなにあることそれが顕著見つける。 年間で私たちはいくつかの非常に興味深い、知的、精神的、そして時には政治的な議論を持っていたし、我々は常に同じコンセンサスに達する:私は多様性の大きなチャンピオンだとしても、我々はすべてを理解し、それが最終的にどのようなあなたの問題ではないことを民族的背景はどこから来てどこの国、あなたの政治的所属が何であるか、である。 私たちは、天の御父のすべての人の娘と息子であり、私たちはすべて同じ神の愛を保証するものとします。 私たちは皆、同じ祝福にアクセスできます。 私は宣教師たちはいつもこれを取得することが大好きです。

私は多様性の大きなチャンピオンだにも関わらず、我々はすべてのあなたの出身どの国、あなたの政治的所属が何であるか、それは最終的に民族的背景が何であるかは問題ではないことを理解しています。

私は教会で苦労してきたことの一つは、アフリカ系アメリカ人のその治療の歴史です。 私の娘の父親はアフリカ系アメリカ人である。 私が付けてきた人のほとんどはアフリカ系アメリカ人であったと私は一種の黒共和党とデートのための評判を開発した。 私の友人の多くは、私はそれを行うのだろうか。 しかし、私は福音とそれが実際にこれらの関係を通じて意味について多くのことを学びました。 私は、政治的に進歩的しかし宗教的に保守的であること、自分がアフリカ系アメリカ人の保守派に描か見つけることは、実際に私には完璧な意味があります。 私は私達のそれぞれは、我々は反対意見の人々と座って、純粋に自分の信念はどこから来ているを理解しようとすることができるポイントを取得することが可能である場合には、これがどのように私たちの国、そして、最終的には世界が - になることであると考えている癒さ。 それは、その時点までに取得することは非常に困難であり、それは常に、最終的に私たちと一緒に始まる。 私は福音が私たちを得るために起こっているものであることを感じています。 または少なくともそれは私が精神的に、今にいるところに私を得ているものである。 私はいつも、私は今の私のようにオープンし、受け入れていない。

私は正式に組織、機関、または政府を分析し、彼らは女性や少数派の表現の観点に立ってどこに評価するために訓練されてきたので、私は自分自身が誤って私たちの教会で同じことをやって見つける。 私は助けるが、色の人々は少数派教会内で処理されている方法について持っている懸念を理解することはできません。 あなたは、世界中の私たちの教会を見ると、それは非常に民族的に多様だ。 しかし、アメリカでは、それは圧倒的に白人だし、私たちの指導者たちのほとんどは白人男性です。 私たちは、教会やその他のどのような教会指導的役割に女性やマイノリティの統合に関連して直面しているとして直面ものとの間に多くの類似点を参照してください。 私たちは教会の指導でより民族の多様性を見ると一日があるでしょうが、知っている、すべての教会は、基本的に何世紀にもわたってこので苦労している。 私はいつも、言う理由です "なぜ末日聖徒イエス·キリスト教会は、常にこの点で白羽ているように見えるのでしょうか?"

私はすぐに経験を共有したいと思います。 当社の株式が再編成に着いたとき、ホランド長老は、移行を支援するために出てきた、それは使徒が20年後にはグレーターワシントン地域に来ていたのは今回が初めてだったので、それは大したことのようなものだった。 私たちは、事前にこのステーク大会の数ヶ月のために準備。 あなたが早期にちょうど席を得るために4〜5時間に到着しなければならなかった。 私は礼拝堂の座席になるだろうことを祈っていた。 私の病棟からの私の友人の一人は、案内係として働くと私のスタンドの前から十数行程度礼拝堂の座席を得た。 私はこれはと思うインチそれは私が今までしてきたほとんどの精神的な会議になってしまった理由:多くの場合、私は自分自身が聖餐会、ステーク大会、または総会での説教壇を見上げて、私たちの教会のリーダーシップは上にあることを観察することを見つけるスタンドは全部ではないが、「古い白人男性。」、圧倒的である私が原因で私の訓練の私は自然にこれを行うと思います。

私は自分自身をスタンドに取り付けて見上げると、再びすべての白人男性を見て見つけても、この会議では、この時間を私は目を満たしているものを超えて見て触発されたため、この会議は、違っていた。 そして、私は「古い白人男性」としてそれらを見ていない。 私は白であることを起こった神の男性のようにそれらを見た。 それらは、それぞれが自分の妻のために彼らの愛の証し相次いで、私たちの救い主への愛、そしてそこに私たち一人一人への愛。 彼らはスタンドに私たちのすべての上に座っていましたが、私はこれらの人々の心の中で、彼らは部屋に私たちのいずれかの上に自分自身を設定していないことを知っていた。 彼らのリーダーシップの役割は階層よりも横方向であった。 それらの各々は謙遜、柔和、そして感謝の場所から来た。 それは私が自分自身を謙虚するため、実際には、主は私がから私のフォーカスを切り替えることができポイントに待っていたとき、これらの年のすべてが、私は、期待して教会でのリーダーシップの人口統計を変更するために待っていたことを私に夜が明けた本当に主の目を通して私の周りの人を見て、世界の目を通して私の周りの人を見て。 それは私たちのいずれかが外側にどのように見えるかは問題ではありません。 重要なのは、私たちの心に何があるかである。 実際には、これは主に重要な唯一のものです。 それは私が今までインチてきた最も強力な会合だった

ホランド長老は、教会は、電力の転送が上通過させる神主導のプロセスを持つことがいかに驚くべき話をので、それはまた、私には特に感動的だった。 私はいつも私たちの教会については、この最も魅力を発見した。 彼は新しいステーク会長会の再編成があった、それは、最も重要なのは、愛をもって行われていたどのようにどのように迅速かつ効率的にコメント。 これは私がそれが政権から政権への電力の円滑な、好都合の転送を持つことがほとんど不可能であり、ましてや教会と政治の場とのコントラスト今日、考えた「愛を込めて! "それは愛の欠如のように思える電力の転送が公的または民間部門で発生するたびに、世界中で流行して何です。 他にどこの世界では、私たちのステーク会長会の再編などの電力の伝送を目撃することができますか? 転送はとても好都合に、そして愛をもって、そのようにスムーズに作ったのですか? 彼は絶対に正しかった。 そのような証言を聞いて、私はそれを否定することができませんでした。 私は、この教会はイエス·キリストが主導していることを否定することができませんでした。

他にどこの世界では、私たちのステーク会長会の再編などの電力の伝送を目撃することができますか? 転送はとても好都合に、そして愛をもって、そのようにスムーズに作ったのですか?

私が愛し、教会を通して、男性について感謝し成長してきたもう一つは、どこにもそのように多くの男性は、人々の数百または数千の前で泣いて表示されるということです。 私が意味する、あなたはほとんどの男性は、泣くの期間、彼らが行う場合、それは密室でのプライベート親密な雰囲気の中だ見ない。 しかし、私たちの教会で栽培男性は、大集会に話しかけたり、ワールドワイドに放送総会で、私たちの家父長の指導者が涙で分解することは非常に一般的であることでしょう! 私にとって、これはただ聖霊の力のもう一つの証と私たちの教会を導く人の謙虚さである。 彼らは、自分の感情を引き継ぐことを愛と感謝の気持ちでそう圧倒され、それらは精神を否定することはできません! それはその強いです。 それは彼らの膝に誰をもたらすでしょう。 それは素晴らしいことだ!

私は福音の私の信仰が強くなるように、私は自分自身が少なくなり、教会内での女性の役割に疑問を見つけることを実現しています。 それは別のルールで、その教会と社会の演劇を認識することが重要です。 あなたが本当に教会はイエス·キリストが主導し、指示されていることを信じていると、その教訓を疑問視するあなたの欲求を離れてdwindles。

あなたは最近、お住まいの区の扶助協会会長であると呼ばれていました。 何がその新しい呼び出しにあなたの反応でしたか?

司教が最初に彼のオフィスで私に呼び出しを拡張するとき、私は自分自身、彼が言っていたものを処理できるように、長い沈黙の瞬間に見えた何のためにそこに座っていた。 私はすぐに圧倒されなく、呼び出しが付属して責​​任を持って圧倒されましたが、平和と愛の気持ちに圧倒、私は天の御父に近づくと感じたことはなかった。 私の口から最初の言葉は、「あなたは私をしてもよろしいですか? "された私は、その役割に提供するために価値があるかさえ適格であるとして自分自身を考えたことがなかったので、私はすぐに感情的になった; 私の心に、その呼び出しを「その他」のRSの女性、私はユタ州で育ったもののために予約されていた。 彼ははい、あなた」と答えたとして司教の対応は非常に励みました。 主はその光の中でお会いし、彼はあなたがサービスを提供したいと考えています。 "

当初、私はユタ州で育った私はゼリーのサラダを交換、実際のRSは、常に何かを編み、彼らのクリスマスのセーターを女性、身に着けているの楽しさを作るために使用されるので、私は、RSに仕えるために呼ばれることを実際には、むしろ皮肉発見葬儀ポテトのレシピ。 私はその金型内に収まるように私は本当に感じたことはない。 しかし、長年にわたって、私は、彼らが子供たちを育てるの様子を眺めながら、RSの女性を愛し、誠実で忠実な互いの友情と夫の育成、地域社会のニーズに付着、外で輝かしいキャリアを追求するために成長している家の、さらには私たちの軍隊を務める。 RSの女性はすぐに私はなりたい女性のタイプの私の人生の中で生きている例となっている。 だから、多くの点で、この呼び出しは、RSの女性は年間で私自身の個人的および精神的な成長に貢献してきたどのくらいの私には真の証です。

私たちの病棟で、この組織にサービスを提供し、リードする機会が与えられるようにするには、私の人生の中で、真の名誉と祝福です。 私はそれが私の娘を上げて横に私の最大の成果であると考えています。 私は高校を卒業し、大学にオフに行くと本当に私のキャリアの目標があることを行ったかについて考え始めたとき、私は私の青年期の年にすぐに戻って考えるほど、私はいつも女性にサービスを提供したいという要望を持っていたことを実現しています。 私の周りで育った女性たちの大半は、非常に伝統的な女性の役割を満たした。 彼らの多くはフルタイムのママだった、と彼らは家の外で働いていた場合には、行政、教育、ヘルスケアにおけるパートタイムの仕事だった。 もちろん、私は一般化していますが、これは私が覚えているイメージです。 女性のイメージに囲まれて育った、私は女性のために、さらに大きな可能性と役割を見たように私はいつも色の特に女性は、感じ、私は自分の家にあるが、社会の中でだけでなく指導者になるために、女性を鼓舞し、力を与えたいと思ったよく。 私はどのような立場で、または私はこれを行うには何が起こっていたかの程度まで確認されませんでしたが、私はいつも、私はいくつかの方法でその前進を支払うことを望んでいる私の生活の中で女性に触発されました。

私は偉大な指導者を作るかを考えるとき、私は他の人のための個人的および精神的な強さ、忍耐力、謙虚さ、感謝の気持ち、高い自己価値、低エゴ、そして誠実な懸念だと思います。 ほとんどすべての私の人生に影響を与えたことのある女性のは、これらの資質を持っていたしましたので、私は恵まれてきた。 私は今日、女性がどの社会の最大の資産であるように感じる、と多くの点で多くの点で彼らはその最大限の可能性に解き放たれ、利用されるように未だ未開発のリソースのまま。 私は大の教会組織と私たちの世俗社会との間で見ることの重要な違いの一つは、教会は、創業以来「女性」と呼ばれるこの貴重な資源を活用されているということで、女性の動的な影響は、扶助協会を通して行われている。 扶助協会は、女性の力を全世界にイエス·キリストの福音を生み出すために末日に利用されているかを介して車両です。 私は、対等なパートナーとして私たちの教会の景色の男性と女性が並んで歩いていることが大好きです。 私たちは、それぞれが異なる役割で機能することができるが、両方とも同じように重要であり、同じように主の目で評価。

あなたが大学へ行くと自分のためのいわゆる「成功」の生活を作成しようとすると、子供の頃、、最終的にはあなたが本当にやりたいことがあなたの両親は誇りに思うという認識に来る。 あなたが家に電話して、達成したことを報告できるようにしたい "偉大な何かを。"我々は現在、7年以上にわたり、DCに住んでいて、私の両親は私がここにいるためになされてきた犠牲のすべてを知ってましたが、されない私はいなかったような日は、私は、これは私がワシントンで私の任期中、多くの驚異的な成果があったものの、私の "偉大な何か。"を報告するために家を呼び出すことができます一日になることを祈っていないときで行く、私はまだ感じた私はのために努力し、成功の頂点に達したが、私はこの呼び出しを受けたとき、私はこれがあったことをすぐに知っていた! これは私の "偉大な何か!"だった私は、私はいつも意欲を持っていた仕事をし、私のこの世と天国の両親は誇りに作ることができ、私は待っていた機会、主が私を準備していた機会、 。 私は女性を鼓舞し、力を与えるためのより良い方法やイエス·キリストの福音を広めながら、私たちの兄弟姉妹の時間的、精神的な福祉に傾向よりも大きな使命を考えることはできません。

This calling is confirmation to me that the Lord does know and love each and every one of us individually. He knows what's in our hearts. He hears our prayers. And, He will never leave us under any circumstances–even when we don't choose to follow Him. My testimony has never been stronger and it is because of the trials I have faced that have brought me closer to our Savior. It is because of opportunities like this that I have had to serve in the Lord's church. It is because of the examples of the women in RS and the worthy priesthood holders that lead our church who have reconfirmed to me time and time again that this church is true. “Many are called, but few are chosen.” It is up to each and every one of us whether or not we become one of God's chosen. For this opportunity I am indeed grateful and pray that I will serve in a way that is pleasing to our Lord and Savior, Jesus Christ. Amen.

At A Glance

隋·ラングPanoke


Location:
Washington DC

年齢:

婚姻区分:独身

Occupation:
Founder of Women Politics Media

Schools Attended:
BYU, University of Utah, American University

ホームでの使用可能言語:英語

のインタビューNeylan McBaine 写真は許可を得て使用。

16コメント

  1. Sistas in Zion
    7:56 pm on February 6th, 2013

    Loved this interview! MWP you always help introduce to some of our amazing sistas in the Gospel!

    Sui the work you are doing professionally is so cool, the world is full of diversity and we all need to embrace it and utilize it. You are an inspiring woman and your daughter is blessed to see such a great example of womanhood in her home.

    Loved how you said you look up to your daughter! Children can be our greatest teachers.

  2. S Bates
    7:09 am on February 7th, 2013

    What an inspiring woman. Thank you for sharing this with us.

  3. Naomi Stroud
    10:11 am on February 7th, 2013

    What a wonder read, and a wonderful women. Stories like this are refreshing to read. I applaud Sui and her out look on life.

  4. Charity
    11:32 am on February 7th, 2013

    I would love to meet Sui Lang Panoke someday. She seems like the kind of person I would enjoy having a long conversation with.

  5. hannah
    1:34 pm on February 7th, 2013

    privileged to call sui lang my friend AND my relief society president! loved the interview!

  6. annette lantos tillemann-dick
    5:05 pm on February 7th, 2013

    Though it may be standard fare for this website, I have rarely read an interview that feels so authentic and unabridged. Sui Lang and Neylan have done a remarkable job sharing her essence and faith in depth. ありがとう。

  7. K & J Merrick
    6:13 pm on February 7th, 2013

    Loved this interview! What an awesome woman! The one thing I think may need to be said is that we really need to ensure that the the clarity on the importance of marriage and a mother and a father as taught in the Family: A Proclamation to the World is on the forefront. We know this lovely woman chose to keep a baby out of wedlock, and that is not to be encouraged or celebrated (I am being blunt, I know!) :) There are so many who never make it out of single parenthood successfully like this woman, and I would have loved to read some acknowledgement about that this little girl doesn't have a father. That is really tough to celebrate. I know, I know, people may jump on us for this, but the Proc. on the Family and doctrine are so clear on this that it can't be misunderstood. There are few benefits to single motherhood, yet this article seems to champion and encourage it. Was adoption considered? I would love to hear about that journey and why that wasn't a part of the cards, etc.

    All the best for the future!

  8. Neylan McBaine
    9:05 am on February 8th, 2013

    From the Interview Producer: As the only child of a single mother myself, I felt a profound kinship with Sui Lang, and I was blown away by her humility and dedication to her deep spiritual promptings.

    This interview doesn't “champion and encourage” single motherhood in the least. Instead, it celebrates the fact that Sui Lang has hung on to her testimony, despite obvious and daily reminders from church members that what she has isn't “ideal”.

  9. Chrysula
    2:05 pm on February 8th, 2013

    The interview makes very clear that this wise and beautiful little girl does have a father actually, and that he's very engaged in her life. I too have a dear friend whose life (physical and spiritual) was saved by the decision to keep her child, born out of complex circumstances. Ours is not to question another's repentance journey, nor Father's infinite love for His children in that process. This interview, to my mind, didn't celebrate her single motherhood, but celebrated where she has come since then. I am in awe of Sui and I am sure as heck celebrating her!!!

  10. 匿名の
    9:02 pm on February 8th, 2013

    Wow K & J Merrick… it is better for her to give her beautiful child up for adoption to be raised in foster care than to raise her herself? That statement might actually be the saddest misinterpretation of the call for family values I have ever heard.

    Seriously, I almost got angry reading it…but then I just got sad reading it .
    ..that there are people who actually think like that.

  11. ヤン
    10:04 pm on February 8th, 2013

    What a remarkable testimony.

    To paraphrase your words:

    It is easy to see why the Lord chose you to serve as the RS President in your ward. You are “inspired to look beyond what meets the eye.” … You testified of love for family, love for our Savior, and love for each and every one. Your testimony comes from a place of humility, meekness, and gratitude. The Lord wants us all to become humble and to view others through the eyes of the Lord. It doesn't matter what any of us looks like on the outside; what matters is what's in our hearts. In fact, this is the only thing that matters to the Lord.

    Thanks for a remarkable article.

  12. Jared
    10:49 pm on February 8th, 2013

    Re: K&J Merrick comment. Please see Mark 2:16-17. To criticize someone who is sharing such a remarkable spiritual journey is really sad and disappointing. Rather, this amazing example of drawing close to Christ no matter what your past was should be celebrated – she is an example I hope to emulate.

  13. Victoria
    1:58 pm on February 11th, 2013

    Sue Lang,

    Congratulations on your calling as Relief Society President in your ward! My heart was touched by your interview and your experiences; your words; and your perceptions on your life's experiences. I can identify with much of those experiences as I reared my children in the church as a single adult parent; we are first generation Mormons. I was inspired by your words, to the tune of being inspired about how to proceed in my life at this time (seemed to hear the whispering of the spirit direct me at this time, as to what was most important, to me, which the Lord had blessed me with,(my family)as a single mother and grandmother, as well as a church member, and a woman of color, and President of the Young Women's Program in our branch. I concur with many of your views. I too feel that I have been prepared and chosen to serve the Lord in his Kingdom, it is an humbling realization!, but we know, despite the negative views others cast at us, we know! I will end by saying,…”he who is without sin, let him cast the first stone”, that was Christ's Mission, he came to earth to offer us salvation and redeem us from our sins, even all mankind, (women too), when we repent of our sins and come unto him…love you; and I love the Church, even The Church of Jesus Christ of Latter Day Saints, the ONLY true and living church upon the face of the entire earth, keep up the inspired good work!

  14. Tracie
    11:44 pm on February 16th, 2013

    Love this interview!!! Great to hear from a wonderful faithful voice with personal experience with some of our tough LDS and life issues. Your work, Sui, is a personal passion of mine too. As I read this interview and the comments, my favorite scripture kept coming to mind – Alma 24:27 “. thus we see that the Lord worketh in many ways to the salvation of his people.” Life simply doesn't work out according to our best plans, but God sure can make some amazing things happen for us and others when we do what we will and trust God. Thank you for these interviews so that I can see how the Lord works with and through us women to accomplish great things, even if we don't fit the traditional cookie cutter mold of Mormon motherhood. Keep up the great work, Ladies!

  15. Nakia Nae'ole
    12:40 am on May 29th, 2013

    Sui Lang,

    About a week and a half ago, nine other students, myself and two of our instructors travelled to the DC area from our school out here in good ole La'ie, Hawai'i, the location of BYU-Hawai'i. On the Saturday morning of the BYUPAS conference, my wife was in attendance of the speech you have as a panelist for the 'Women in Politics' section for that day, and at the completion of that panel, my wife could not stop talking about your inspiring story, and what an example you are to her! She continued in speaking about you by comparing you to her late mother(also a single mother, as well as mine too, and how you have pushed through you all types of obstacles to get to where you are today. Anyways, I got this email to read this, and I figured that it was only fitting that I read this little story about you, when my wife holds you to such high regard, and as a result of that I want to say that although I do not know you personally, I was truly touched by your story of perseverance, steadfastness, and ever enduring faith in The Lord. Thank you for speaking that morning, and for providing my wife with greater courage to pursue her career goals, along with prioritizing her duties as a mother and wife! I wish you the best of luck in life, and hey maybe your future companion is here in good ole La'ie! Us local boys never disappoint!

    Mahalo nui loa, ae malama Pono!

  16. Susan
    12:27 am on June 18th, 2013

    As a working Mom, Asian American woman and convert to the Church of 15 years, I loved reading this woman's testimony!

返信を残す

アトスSEOのプラチナのSEOからTechblissonline