9月12日、2013 adminによって

43コメント

ハウス彼女の生活の中で

ハウス彼女の生活の中で

ケイト·ケリー

一目でわかる

編集者注:このインタビューは社会的、政治的な問題について発言モルモンの女性を備えていますシリーズ、「姉妹がアウトといえば、 "の一部である。 ここで述べられた意見は、スピーカーを表し、モルモン女性Projectまたは末日聖徒イエス·キリスト教会を示唆するものではありません。 私たちは、すべての読者は、インタビュー対象者の意見の尊重を維持することを求める。

2013年3月17日には、ケイトケリーはOrdainWomen.orgを開始しました。 女性叙階の可能性に注意を引くために彼女の努力は、両方の熱のこもった称賛と批判を集めているが、ケイトは彼女の両親の例は、彼女の使命、および人権法の彼女の訓練の経験は女性叙階彼女は準備の旗てきたと感じている運ぶ。

どのようにあなたの家族や子供時代の経験はあなたが今日ある人に影響しましたか?

多くの点で私の母はパイオニアです。 彼女は外で家の仕事をし、彼女の自身のキャリアを作成したモルモン女性だった、ロースクールで彼女の卒業クラスの6人の女性の一人でした。 彼女はまた信じる女性だ。 彼女は私のための素晴らしいお手本でした。

私の両親は二人とも働いた。 私の母は弁護士であり、私達が病気だったときに私の父は新聞社だったので、彼らが学校から私たちを拾って、周りの私たちをシャッフル、家事をやって交代か。 私の父は「洗濯王 "自分を呼ばれ、洗濯を行うだろう。 彼らは、タスクを分割するが、それぞれが公平負荷を取った。 何の障壁や制限「女性がこれを行うには「ありませんでした。

私は数千人がいたフッドリバー、オレゴン州で育ったんだ。 私たちは、小さな町のライブラリを持っていたし、中学校で私がチェックアウトした「フェミニンミスティークを。 "それはヴィンテージのコピーのような古い黄ばんページを持っていた。 参政権の文献の多くは、私に話しかけた。 私はアイデアに興味を持っていましたが、私はまた、米国の他のほとんどの女子中学生のような服や男の子を気に。

私は子供を持っていませんが、私の夫と私は、私たちの家に完全に等しくされている。 私たちは、同じように家事を共有(ネグレクトと)。 彼は法律学校を通して私を置くために働いて、彼は博士号をやっている間、私は今働いている 私たちは、意思決定を一緒に行う。 私たちは協力しています。 それは私の人生で最も喜びに満ちたコラボレーションです。

私の夫は奇跡的なフェミニストである。 彼は、アイダホ州から伝統的なモルモンの家族から来て、彼は何とか強いフェミニストことから現れた。 彼にとって、男女平等が直感的です。 そのようにして、彼は私の父に似ている。

あなたの家族はあなたの政治的見解を共有していますか?

私の両親は、まったく自由主義ではありません。 彼らは筋金入りの共和党と私は想像することができることをラジカルから最も遠いものだ。

私は間違いなく、共和党のように社会化された。 私の祖父はノースダコタ州から州議会議員だった、と私たちは、すべての選挙の年から私たちの家の内側を覆う象のマグカップを持っていた。 私は、BYUに行き、非常に多くの方法で社会的に保守的であることが社会化された。 私は、私は本当にすべての保守的な議題にで買ったかどうかを疑問視者の多種多様な相互作用始めたときしかし、それは私の使命で実際にあった。 それは政治的な時間です​​が、いくつかの方法で、それだけですべての人が等しく扱われるべきである、と同じものへの平等なアクセスを持っている必要があることを知っている私のための政治的覚醒したミッションのようではありません。 私はほとんどの人に遅れ政治的覚醒があったが、それはそれの始まりだった。

あなたが今のよう子供のように率直なと発信でしたか?

私はそれが独断することが大丈夫だった幼い頃からモデル化された、と私は確かにあった。 私もそれが衣装を作り、踊りに行く、または偽のニュースチャネルを作成したかどうか、私の友人と私は一緒に創造的である可能性があり、魔法の空間を創出愛した。

あなたの偽のニュースチャンネルは何と呼ばれていました?

チャンネル5のニュース。 私たちは、ニュース記事(銀行強盗、有名人、スポーツ選手を)演じおよびアンカーとして回転させた。 また、トランポリンの減量プログラムのような愚かな製品のための偽のコマーシャルを作りました。

どのように女性問題や行動についてとても情熱的になったのですか?

育った、物事の多くは自宅で私のためにモデル化した。 私の両親は均等に家事や子育てを共有した。 彼らは両方の稼ぎ手だった、それは私が私の役割は、女性としてどうなるかについての教会で学んでいたものと対戦した時に、不協和音がたくさんあり​​ました。 私は弁護士に、なりたかったかを考え始めたようにそれは私の十代の後半に持ち直し始めた。

私は、BYUに行ったときには熱狂的なモルモンの子供のトンと雰囲気にあるとよかった、オレゴン州の学校内の任意のモルモンの友人を持っていなかったので。 同時に、私は厳密に施行男女の役割に付着するより多くのプレッシャーを感じ始めた、と私は、これらの男女の役割が私に説明し、誰が、私はなりたいしなかったことを実現し始めた。

KateKelly2

私はロイドニューウェルの声によって教えクラス "生ける預言者の教え」取ったときに私のために極めて重要な経験だった"音楽と朗読を。 "彼は私たちと何が重要であった任意のトピックに関する研究論文を割り当て預言者はそれについて教えてくれました。 それは私にとって重要だったので、私は家の外で働いて選んだ、何か私がやってみたかった。 私はこの上の話の後に話の後の話を読んで覚えている、と預言者のすべての単語主題それは紙が翌日によるもので、真夜中だった、と私はいくつかのスラムのアパートで、いくつかの粗末なソファに座っているプロボ、と私は決裂した。 私ははっきりとソファの上に泣いて、私は私の夢は、私が読んで、したこれらの事、私は家にいたとし、子供を持っていたと互換性がありませんでした実現ので、「私は何をするつもり? "、私の友人に言って覚えています。 私はその周りに他の方法を見ていない、他のオプションはありませんでした。 それは私のために破壊し始めたときです。

姉妹宣教師が非常に得意だっただろうことを、多くのジョブがあったように私は感じた。私は、スペインのバルセロナでのミッションを務め、聖職が入ってくる場所です。 彼らは、特にスペインで。非常に有能な、彼らにバプテスマを施しバプテスマを受けるために研究者を、面接、またはそれら - のいずれか、私たちが参加することは許されなかった儀式や条例責任を確認した効果的であったであろう、会衆の多くはだけではありません与えられた会衆の多くの男性は、おそらく1つまたは2つのメルキゼデク神権者を持っており、それらの未充填聖職の役割は簡単にできる、忠実な女性によって満たされるかもしれない。 あり不均衡の多くがあって、私はこれらすべてのジェンダー不平等のルートであるとして聖職にファクタリングを始めたときです。

私の使命の後、私はBYUで勉強を終え、ソルトレイクシティ神殿で結婚しました。 私はロースクールを卒業したとき、私は人権訴訟で働き始めた。 私はそのような日​​常的に、逮捕され殴られ、簡単な譲歩を求めるための拷問と平等に扱われるべきであるジンバブエの女性としての単語の周りにいくつかの驚くほど勇敢な人、と協力し、それは私に一時停止の多くを与えた。 私は疑問に思い始めた、私は、世界中のすべてのこの仕事をやっているが、私は自分のコミュニティのために何をやっている? それは、これらの一つであった瞬間、あなたが知っているの引用、「私はいつも誰かがこのことについて何かを行うべきだと考え、その後、私は誰か私に実現」という? さて、私のために、私は誰かが女性や聖職について何かを望んだ。 私は誰かがこの会話を開始するために持っていると誰もがそれをやっているように見えるので、私はそれを行うつもりだと思った。 私は誰かいます。

OrdainWomen.orgが起動した後で、応答のどのような種類を取得しましたか?

私は聖職約クローゼットから本当にありませんでしたので、私は人々が応答するかは不明であった。 私の家族は非常に協力的であった。 私の母は、プロファイルを提出した。 そして私が持っているだろうと思ったことはありません、私の妹、正統派のモルモンは、プロファイルを提出した。 私の父はまた、単にプロファイルを立てる。 彼はまた、非常にオーソドックス旧司教、ステーク高等評議会のメンバーです。 私は私のために最も困難な応答が強く叙階に反対か、私たちが何をしているのかと怒っている、いわゆるモルモンフェミニストからだったと思います。 私はすでに公に自らフェミニストと呼ばれる集団からプッシュバックを期待していなかった。

私はそれが現状では不十分であり、私はそれが行くために多くの人のためのハードな場所だと思うことを意味して、求めて変化を取り組むことは困難な問題です理解しています。 私は完全に社会的、感情的なコストを理解するが、私は物事がうまく彼らが道であることを同意しない。

日曜日のウェブサイト立ち上げ、私は熱意と絶望的な恐怖の間vacillated。 私はそれが教会によってではなく、私の家族と私の近所の人にだけではなく、受信される方法については、緊張していた。 私たちが命じる女性ウェブサイトを立ち上げたときにでも、教会に行く日曜日は、3月17日は、私の使命は、私は私の本物の自己することができたので、私が持っていた中で最も楽しい日曜の一つであったこと。 私はそれの多くは、その不協和音がいない教会や組織構造に、解決されたためだったが、個人的に私のためだと思います。 私が感じたもの、公的に言うことができました。 私にとっての勝利はちょうどこの会話を開始しています。 教会の変化かどうかは、私たちが表示されます、私はそれが変更されます信仰の多くを持っていますが、このパブリックな方法で開くことは私にとって非常に変革経験でした。

どのように制度的教会にあなたの関係を説明しますか?

私は女性が叙階されるべきだと思うが、それは課題のいくつかを上回るしない教会の体の一部であることの精神的なメリットを意味するものではありません。 つまり、これらの課題は、常に実数と苦痛と困難ではありませんが、弁護士として、私は正義のスケールを想像して、私の教会の会員の利点はそれらの他の課題を上回ると言うことではないのです。

ポール·ロブソン、公民権時代の高さで、恐ろしい人種差別を目撃し、公民権指導者やミュージシャンが歌うこの素晴らしい曲があります。 アメリカは公民権活動家にホースを回し、それらにゴム弾を発射した。 アメリカはされにくい場所だったが、彼は呼ばれるこの曲歌わ "ハウス私のライブでは、「それは基本的に私にはアメリカとは何か、と言う? それは私が住んでいる家だが、それはこの国を作った男だ、私は愛する人の民主主義、彼はすべてのこれらの事を説明します。 そして私にはそれがモルモン教が何であるかです。 それは私の家族だ、それは私のパラダイムだ、それは私の結婚だが、それは私が育った方法です、私が住んでいる家だ。 だから、いや、私は残してと考えたことがありません。 私は家が若干の改造を持っているか、より包括的な以上になりたいという理由だけで、私の家のそれがどんな小さいことはありません。

聖職にお考えに同意しないモルモンの女性のために、あなたは何を言うでしょうか?

私は、この動きがコーディネーションよりもはるかに大きいと思います。 それは論争の問題についての対話がある空間を創出についてです。 私はそれが一般的にはモルモン教徒のための新しい領域だと思う。 私は完全にこの非常に脅迫的なアプローチを見つけるかもしれない人たちに同情することができますが、私たちは、インサイダーであるため、ウェブサイトやキャンペーンのトーンは絶対尊敬と落ち着きの一つとなっていると思います。 私たちは、投資される。 私たちは、教会に対する痛烈に興味を持っていません。 正直なところ、私は私と一緒に同意しない人をねたむしないでください。 これは対話を開放するプロジェクトです。 そして、対話が話してたった一人または単に片側圏ではありません。 人々が彼らの想像力を開放し、女性が意思決定のすべてに統合された場合、女性は、一般的な会議で、スタンド上に集積された場合の女性は、司教であった場合、それがどのようなものになるかを考えることのために私が欲しいのは何ですか? どのようなことは次のようになります? どのように行動し、感じるだろう?

KateKelly3

モルモン教は大きなテントであるような気がします。 私たちは、人種的、政治的、人口統計学的に多様である。 私たちは広範なグループであり、それは多くの場合、搬送される伝統的な見解よりもはるかに多くを包含することができる。 つまり、私たちが命じる扶助協会会長からの空間は私にとって本当に重要であるとラジカル、および開放に至るまで幅広い、広いグループを女性が判断に苦しみを開くしようとしているものです。

あなたの仕事が提供されている願ってキーメッセージとは何ですか?

I want women to know that they are valuable, but not from someone telling them. I want them to feel and see it. Images are very important to me, and when I look on the stand, I want to see women. When I hear people talk, I want to hear women. Functionally, there is no person that can tell me I am equal. I know I am equal, I know I am a daughter of God, I know he loves me … I feel that when I pray and when I go to the temple—I just think that needs to be reflected in the institution, in the everyday practice of the gospel I love. That's why I created Ordain Women. It is an endeavor in radical self-respect.

At A Glance

Kate Kelly


KateKelly2 Location:
Washington DC

Age:
32

配偶者の有無:既婚

Occupation:
International human rights attorney

Schools Attended:
Brigham Young University, American University Washington College of Law

家庭で使用可能言語:英語

Favorite Hymn:
“For the Beauty of the Earth”

On The Web:
http://ordainwomen.org/project/my-name-is-kate/

Interview by Kathryn Peterson . Photos used with permission.

43 Comments

  1. angela s
    12:21 pm on September 12th, 2013

    I've long loved this site and the profiles done. This one, while I don't agree with women ordination, I believe was done in respectful manner. I appreciate that it was respectful to both sides of opinion and Kate was gracious in sharing her beliefs. It is a credit to her that she can disagree with the church about such an important issue and still maintain her membership and temple worthiness. Kate seems to not have allowed this to separate her from the blessings and ordinances that are so important. I will add I intended to type something completely different here but as I began to type I wanted to emulate the graciousness that Kate responded with, so thank you for that.

  2. Kate Kelly
    12:48 pm on September 12th, 2013

    Thanks so much Kathryn for such a delightful interview. And thank you Angela, I really appreciate your kind words!

  3. KD
    1:07 pm on September 12th, 2013

    Hi Kate,

    I'm an LDS woman, and I don't agree with the goals of Ordain Women, but I'm trying really hard to understand it. If yours is the best way to go, then I sure want to know about it!

    My question regards your statement:

    “[T]o me that's what Mormonism is. It's the house I live in, it's how I was raised, it's my marriage, it's my paradigm, it's my family. So, no, I've never considered leaving.”

    It makes it sound like the reasons you stay are all important, but in a sense peripheral. Is the church *true? Are its leaders called of God? Are the covenants you have made eternally important and valid, such that to leave and break them would be spiritually harmful to you?

    I hope these questions aren't impertinent. But I really want to know.

  4. Kate Kelly
    1:51 pm on September 12th, 2013

    KD I echo the words of my dad in his profile:

    God is real. Jesus is the Christ. Joseph Smith saw Heavenly Father and the Savior. The Book of Mormon is true. Thomas S. Monson is a prophet. Women should hold the priesthood.

    http://ordainwomen.org/project/hi-im-jim/

    Thanks for asking!

  5. Lindsay Mitchell
    2:59 pm on September 12th, 2013

    私はあなたのスタンスに同意するかどうかは、私のコメントに重要ではありません。 私は、特にケイトをこの動きとあなたを見てきたことを言わなければならない。 あなたの信仰、想像力、整合性、および勇気は、私が実際の生活の中でお会いできたら作る。 あなたは、私は多くの、多くの女性を知っている問題が今、長い間心の中で求めてきた、大声で謙虚かつ誠実に尋ねる質問の素晴らしい例です。 このインタビューは、右このサイトに多大なモルモンの女性の他のインタビューのすべてとに収まります。 非常に感激。

  6. ミケイラサッチャー
    2013年9月12日15:33

    ケイト、

    私はこのすべての真っ只中にあなたの忠実な、優雅な態度を高く評価しています。 私もあなたの作品のための私自身の家庭で起こっている会話を感謝しています。 開かれた対話は、聖霊の交わりを持つ教会祈​​り、思慮深い人間のメンバーは羊ようにする理由がないために非常に重要である。

    おかげで、
    ミケイラ

  7. クリスタル
    2013年9月12日午後5時まで

    私は、ケイトがこの大好き! 私はワゴンを周回DCであなたに会い、非常に感銘を受けました。 私は密接にこの動きを追ってきた、と私はあなたのように誇りに思っています。 私としては、私は月に教会を去った。 ある教会を出た、命じる女性を支援しても大丈夫でしょうか?

  8. ケイト·ケリー
    2013年9月12日19:20

    おかげでリンジー·ミケイラ!

    クリスタル、絶対に! 私たちは、この問題で彼らのメンバーシップを失った非会員と人に私のような完全にアクティブな女性からのOWでの声の範囲が広い。 http://ordainwomen.org/project/hi-IM-margaret/

  9. ジュリー·ホーク
    2013年9月12日19:37

    ケイトは、私はあなたがたの信仰と勇気をありがとうございましたにコメントを書きたかった。 私は非常この対話と考え込むことに貢献するものと感謝しています。 私は、10トンの私自身のコーナーで私のインチインチ、パッチによって壁パッチ内の塗料と穴に涙をカバーしようと、以前に忙しくしていた。 女性叙階、私には、私たちはインチに費やす時間を大幅に節約できることを意味します。 私たちは私たちの運命は、別の球に制限されている尼僧ようにするという考えを溶解させた場合に構造的不平等や文化の壁の多くは溶解させることでしょう。 尋ねると求めて、このスペースを作成していただきありがとうございます。

  10. TRISSカーター
    2013年9月12日21:48

    私は改宗だと私の3兄弟と母親と一緒に育った。 私の父は、統合失調症に苦しんで、私たち大人の生活の一部ではありませんでした。 ママは激しく独立し、一生懸命働く女性、非常に政治的に活発でフェミニストとして極めてボーカルだった。
    私が原因福音における女性と男性の役割の教会に参加しました。 私は現在、オークランドの寺院での条例ワーカーです。 私は聖職に関しての分野における男女の全くの違いを参照してください。 聖職からの力と権威は、私たちの救い主イエス·キリストを通してのみ来る。 彼の手は、その手が他人の頭の際に、または祈りの形で配置されているかどうか、私達を通ってくる。 祈りは、それが主がすでにそれは私たちが望むと必要であるかを知っているにもかかわらず、私たちがしなければならない仕事である、聖職である。 神権の力を使用してそのジョブの説明は、女性が使用した場合、それが小さいかより強力なことはありません性別によって異なります。 あなたは寺を理解し、それが天国に最も近いことを私たちは地球上で定命としてここに得ることができる場合は子供たちが平等に愛し、聖霊の際に呼び出すことが正義の生活を通して等しいパワーを与えられるように、あなたは私たちを参照してください。 それは、その基本的な教義に疑問を福音の美しさとの区別をsullies。 私たちは皆、生活し、地上で福音の中に移動し、それは美しいコーディネートダンスです。
    聖職に女性の叙階についてだけではない、あなたのエッセイの中で提起されている多くの問題があります。 それはあなたが教会LDSメンバーの日常生活に課せられているようだ明確な男女の役割に疑問をしているより多くのようです。 それを気にこれ以上の時間を費やすしないでください。 あなたが正しく使用されていることを、知性で、素晴らしい名誉と神与えられた才能を持っている。 または家から働くことはあなたの個人的な選択と聖職に女性を任命するにrevelantではありません。 あなたが問題と性差別を見て、そしてあなたのソリューションとして聖職に女性が叙階されている。 自分を愛し、あなたの関係、あなたの天才とあなたの証言、そしてその中にモルモンの女性としてのあなたの人生に問題を見つけることはありません。 それはあなたが考えたり言うものだけを、他の人が考えたり言うことではない問題になります。 教会はなく、までしか私たち死すべき状態が私たちをことができますように、神に近い私たちを保つために地球上にここにある。 それは福音ではありません。 私たちは、地球上でここに福音の小さな小さな一部を住んでいます。
    女性が唯一の私たちは、個人、指紋、今まで私たちのような他の誰、できる限り高揚に向けて進んでから私たちをそらすように私は私たちにある不満のこれらのタイプと感じています。 私たちは寺の女性のように何をすべきかの意義、そして私たちは永遠に歩くように私たちはすべての男性と女性が、あるものになりました反映してください。

  11. RL
    2013年9月12日22:38

    あなたがこのウェブサイト上で共有しているストーリーの多様いただきありがとうございます。 私は本当にあなたがモルモンの女性の美しい多様性をキャプチャする方法を感謝しています。
    ケイトは、その多様性を祝う、さらにそれを開き、困難なジェンダー問題についての対話を促進する中で、本当に興味があるなら、私は彼女が実際にそれをシャットダウンするのに役立つ方法を見るために開始されますことを願っています。 彼女はモルモンフェミニストであるためにあなたが彼女命じる女性の動きをサポートする必要があることを、このインタビューの中で示唆している。 彼女は約予約や彼女の運動の批判を表現するためのいわゆる「フェミニスト」モルモンフェミニストとして自己識別した者を呼び出します。 彼女はその後、偉そうに、彼らができることや、現状に反する、または女性の叙階のような変更が伴う可能性があることを「社会的、感情的なコスト」に対処することを望んでいないので、彼らは彼女をサポートしていなければならないことを示唆している。
    それは他のモルモンフェミニストが現在聖職叙任よりも重要と考える他のジェンダー問題があることだろうか? 文化的なジェンダー規範や意味のある方法で、女性の地位をシフトする他の戦略や目標があるかもしれません?
    私が目標と命じる女性のメソッドについての意見の相違が発現されるときはいつでも、それらの人がフェミニストモルモン原因に裏切り者として襲わことを、いくつかのインターネットの会場で、指摘している。 私は、このインタビューを通してケイトはモルモンフェミニズムの素晴らしい歴史と多様性を認めているだろうと期待していた。 しかし、その代わりに繁栄するモルモンフェミニズムの異なる株を認識し、奨励する、彼女はそれらを合法性を認めないことを試みています。

  12. マーサ
    2013年9月12日22:59

    ケイトにブラボー。 彼女の勇気を愛し、彼女のサイトが大好きです。

  13. NP
    2013年9月13日3:59

    RLは右である。 OWは懸念を上げたり、彼らが割引または批判されている表示 - 別の視点を提供するためのフェミニスト不寛容を示しています。 あなたがOWに同意しないフェミニストである場合は、本物のフェミニストではありません。 このようにして、OWは意見の相違を抑圧し、反対する人たちの信用を傷つけることができます。 そのフェミニズムはありますか? 私たちはすべて私たち自身の見解を受けることはないですか? あなたが公式声明を作る場合は、国民の批判に自分を開くので、あなたは、単にあなたと同意しないために人々を中傷することはできません。 しかし、あなたの言外の意味があると思われる - 本当のフェミニストはあなたに同意する。

  14. Kaynaスタウト
    2013年9月13日4:04

    私はフェミニズムの成果を見るために現在約十分な長してきた、彼らはすべての肯定的ではありません56です。 タイトル9が素敵です。 高校スポーツは男性のみのために資金を供給したとき、私は日を覚えている。 それは間違っていた、それは変更する必要がありました。 BYUでの大学の間、私はジャーナリズムを学び、私はフェミニスト議題とニューヨークの女性誌でのインターンシップをしました。 それは、新しい夜明けと呼ばれ、氏の雑誌をエミュレートすることを試みた。 私は当時のフェミニスト時流に大変でした。 私の懸念は自分の将来と私の機会と私の成功のためだった。 その後、1979年に一緒に寺の結婚と次の9年間で3人の息子が来た。 私は新しい眼鏡との生活を見始めた。 教会のプログラムを通じて、家庭のガイダンスに(私の忠実な夫と一緒に)、それの厚いであることの20年後、私はそれは、強力な神権者になるために若い男性を調達することがいかに非常に困難を発見しました。 これは私が最終的に達成しなかった目標でした。 私の息子の二つはミッションで行きましたが、今3つのすべてが非アクティブである。 彼らは、彼らはまだ結婚していないあなたの年齢範囲で33、30および26である。
    はい、フェミニスト運動は会話を開き、社会に変化をもたらした。 例えば、過去20年間に多くの重点が数学と科学でより堪能になって女の子に教育に置かれている。 これらの努力が報われてきた。 これまで以上に女性が大学に行くと、これらの分野でのキャリアを見つけている。 それは女性のために素晴らしいことだ。 しかし、私は三人のお母さんのように座っているところから、彼らに話されている社会的なメッセージは非常に異なっている。 彼らと彼らのような若い男性の数千は今育つために彼らの責任を避けている。 アクティブな私達の若い男性を保ち約これらの日、教会に大きな懸念があります。
    私は彼女の心に経歴を持つ野心的な女性としてあなたの靴にしてきたので、あなたが見るものを参照してください。 私は女性だった。 しかし、あなたは、私が息子に母親として見ているものが表示されません。 彼らは教会の活動や結婚や重大なキャリアへのコミットメントに進んでいないされています。 私は20代停滞彼らの友人の多くを見てきました。 それはがっかりするものだ。 教会への今後の影響が潜在的に壊滅的です。 簡単な解決策は、ある「男性がない場合は、女性がそれをやってみましょう。「私はフェミニスト議題は、男性に対する予想外にマイナスの影響を与えてきたプッシュ思う。 それは、より多くの権限を与え、女性が男性となっており、あまり責任となっているように私には思われる。 私が知っている20代と30代の若い男性のほとんどは、女性は物事を実行できるように喜んでだろう。 最終的には、それだけですでに、家庭外で働くと家族の世話をしてからストレスを受けている女性のためのより多くの責任を作成します。 私たちは、教会の中で私たちの男性がプレートにステップアップし、家庭や教会で助けるの彼らの公正な取り分を行う必要があります。 あなたの家族のモデルは例外だった。 ほとんどの女性は教会で、今日は彼らの夫や神権指導者から、以下より多くの助けを必要と言うでしょう。 私は教会が聖職に女性を命じるするのは大きな間違いだと思う。 私は、女性が聖職職務の多くを行うための完全に可能であることをあなたに同意し、間違いなく優れてだろうが、私はそれが長期的に女性のための肯定的な変化になるとは思わない。

  15. ケイト·ケリー
    2013年9月13日7:05

    RL&NPは、私はy'allの良い点を作り、あなたの率直に感謝だと思います。 私は良いモルモンフェミニストであるためにあなたが彼女命じる女性の動きをサポートする必要があることを信じていません。 (私は明らかに反対していても)私の最愛の友人や親戚(と強いフェミニスト)の中には、同意しないし、私は彼らの意見を尊重します。

    私の謝罪は、そのメッセージはサブテキストに搬送された場合。 私はコンテスト "良いフェミニスト誰が」に打ちひしがばかりの絶対つもりはありません。

    私は何を伝えることを意味することは、彼らはすでにそれ自体がフェミニストを呼ぶので、私は最も驚くべき、人を傷つけるような発見したコメント/反応は、私は私の同盟国になると予想人々からのものであるということでしたが、彼らは私をサポートしていませんでした。

  16. ミミ·スミス
    2013年9月13日7:11

    私は、このインタビューのためにとても感謝しています。 私はケイトが福音と彼女の教会を愛する忠実な女性であることがわかります。 私は彼女の積極的なアプローチと飲み込むのは難しい錠剤聖職に女性を任命する見つける人たちの多くがあることを彼女に理解の程宜しくお願い申し上げます。 私は使命を提供しながら、しかし、私は彼女の思考や感情の多くに関連することができる。 私は教会内のすべての才能とスマート女性を驚かせていると私は彼らのリーダーシップ能力に驚嘆。 私たちは患者であり、それで行く場合は、ゆっくりと私たちはいくつかの素晴らしいものが女性のために教会で起こるのを見ると思います。

  17. EFH
    2013年9月13日11:27

    ケイトは、私はフェミニストと私は完全に異なった理由のためにあなたのOWの動きをサポートすることを躊躇している。 しかし、私はあなたの率直、情熱と誠実さを高く評価しています。 私はあなたの仕事に感謝。 私たちは、教会での前向きな変化をもたらす方法を一致するかどうか、私はあなた、あなたのメッセージ、あなたの勇気に感謝します。 それは物事を行うには正しい方法ではないかもしれない場合でも、それは私たちの多くは非表示にすることがあります、ボイドへの音声および検証を提供します。 だから、あなたの例をありがとう。
    PS - 私はDC地域に住んでいると、私はいつかお会いしたいと考えています。

  18. チャリティ
    2013年9月13日14:02

    さて、Kaynaを置く。 自分の考えを追加していただきありがとうございます。

    聖職は、物事が行われ、または完全に教会を実行しているばかりではありません。 それも、効率についてではありません。 それは、福音の原則を生きの良い、直立男性の個人的な開発についてです。 これは私が教会内のすべての女性を考えるものであり、そのことについては世界に興味があります。そうすることで彼らは正義の父親と世界の善良な市民であることに役立ちますので、私たちは、彼らの聖職を称える男性を必要としています。 (私はいくつかの仮定できるが)、私は完全に理解していない理由のために、男性は、神権を通して、この開発を見つける。 女性は、おそらく部分的にバックステッピングと男性の機会を与えてから、他の場所でそれを見つける。 私はそんなに私たちより良い私たちが必要なものを知っている愛する天のお父様への信仰、そしてどのような教会が必要としている。 私は、彼が物事ができるだけスムーズに実行しているととても心配だとは思わない。 私は彼が彼の子供のそれぞれの個人的な開発に興味を持っていると思いますか。

  19. 耽羅
    2013年9月13日17:04

    ケイトは、私は現在、OW運動に積極的に関与していないが、私は非常に協力的です。 それはいつか現実のものとなる、変更のための重要な始まりです。 だから私は正式にさえ、それが今、このダイアログを持つことがいかに重要であるかまだ知らない他の女性...のためのステップを取るためにあなたを称賛。
    あなたの態度は、犯罪や怒りなしに美しく、誠実である。 それは、女性のための、この空隙に強いクリアな音声です。

  20. ドナ
    2013年9月13日18:08

    私はケイトケリーのお母さんであることの特権を持っている、と私は彼女が言ったすべての単語を保証することができます。 それは、お母さんがメンターとして娘を持つことは珍しいことですが、私はそのように異常に恵まれています。 ケイトは彼女が命じる女性始めていた私に言ったとき、私は非常に最初の瞬間からボードにあった。 すべてのこれらの年は私が女性が聖職を保持するために許可されるべきと考えていることを明確にしていなかったにもかかわらず、私は私の骨の中に深いダウン、それを常に感じている。 安全に私が感じたことを言うためだけの場所がありませんでした。 私たちの多くにとって非常に公共空間を作成するために、ケイト、ありがとうございました。 私は、ヒンクレー大管長は、1997年に言ったことを信じて - それは、「攪拌」があった場合、神は女性に聖職を与えることができる。 私は福音が真実であることを強く証言があり、教会があることを良い、完璧ではないとはいえ、その福音を促進する手段。 福音は完全に復元される過程にあり、女性の叙階すると、その偉大な復興の一部です。

  21. エリン
    2013年9月13日20:20

    Kayna-AMEN。 私は90年代後半と2000年代のDC地域内の単一の女性だったと私は、私が何らかの理由で20代、30代、さらには40代で感傷的な見たどのように多くの男性を伝えることはできません。 それは地域の気分の性質であるが、そう多くは単にピーターパンの考え方で立ち往生したため大半は、自分のキャリアに成功した。

    I'm fortunate enough to have married a strong, faithful man who honors his priesthood responsibilities and we've been married for over ten years and have two wonderful children. I have worked full-time during that entire period except for eight weeks of leave for each birth. My husband has always been supportive and I have never felt less than him. I feel as his equal in every way, even if it means we do different things around the house and care for the children in different ways. I think in my personal development path, since I can be a very head-strong individual, I really do need to step back occasionally and let the men around me step up to the plate and fulfill their priesthood responsibilities. Could I do their job better? Perhaps. But that's not how I'm going to grow on this earth. I was an ordinance worker for four years in the DC temple and I -never- felt unequal there. 決してない。 I have zero desire to be ordained to the priesthood. I need less church responsibility, not more. I am the RS president in my current ward and I feel like the bishop really values my input. I have zero desire for the additional spiritual weight and responsibility that his calling brings. Zero. Are there gender issues and sexism in the church population? もちろんです。 And I call them out when I see them. But as RL pointed out, I don't think ordaining women is the solution.

    All that being said, I actually appreciate that you're doing what you're doing in such a beautiful, loving way. It's good to at least have the discussion.

  22. PA
    11:02 pm on September 14th, 2013

    In my career, I work with people toward community solidarity and resilience. I find it interesting that the Mormon community seems to have exactly the opposite problem as they. In the community I work with, women are asking the men to get together on their own and to reclaim their masculine power. Men need a space and role to call their own. Without that, they often languish. Does this mean that men are weak? 私はそうは思いません。 It means that there is something in men (perhaps an evolved instinct, I don't know) that connects with the expectation to step up when called upon for spiritual leadership. The Priesthood Session is not only a place for men to solidify power; in fact, on the contrary, I think that it is, in practice, more properly understood to be a special place in which men enjoy brotherhood and talk intimately about current men's problems (eg, pornography, the treatment of women, domestic violence, racism, etc; if we are to grant that one must live in a woman's body to fully understand women's experience, we must grant the same to men). It is not just a good old boys club of power (though I recognize that some changes need to take place to empower women). What concerns me most about the strategy of OW is that many men see Priesthood meeting not as an exclusive club of power, but rather as an intergenerational opportunity to explore men's issues, pass down stories of unique importance to men, and to raise the next generation of servants. By insisting on gaining admission as listeners, I feel that the wrong message might be taken. Let men have their unique, male space. Ask that women speak at Priesthood session. Men need to hear and respond to the concerns of women, who need a greater say in the Church. Ask that the meeting be renamed and that Bishops don't refer to men as “The Priesthood.” How do you get a boy growing into testosterone and aggression to learn a higher way? Ask him to pass the sacrament–in effect, to stay involved, to serve the congregation, to learn to subjugate some of his needs for the benefit of the community. I say all of this, realizing that sex and gender are a continuum; I think, however, that it's impossible to create a healthy society without establishing some norms based on biological probabilities. Where else but in the Mormon Church does one see men aspiring to become humble servants of the Lord? The danger (a side effect?) of the current system is male privilege and paternalism. Let's address those while taking care that we don't throw out the baby with the bathwater.

  23. Catherine
    1:18 pm on September 15th, 2013

    It's important to note that the Ordain Women site represents a very small minority of self-identified Mormon feminists. Viewing their agenda as representative of that of all feminists is something like believing that PETA is the voice of all animal lovers.

    This is unprecedented: that individual female members unite online to organize a campaign against LDS Church leaders to lobby for priesthood ordination — by utilizing the media as their advocates to both protect themselves and to put pressure on the Church in an attempt to force desired change.

    These sisters have made a choice to step away from the Church and work outside the appointed priesthood councils, (of those having keys) to form their own plan to get what they want, with zero regard for the Church and the very men, authorized to exercise priesthood, which they claim to sustain as prophets, seers and revelators.

    We might want to keep in our minds the very recent words of His Prophet, President Thomas S. Monson:

    “I assure you that the Church is in good hands. The system set up for the Council of the First Presidency and Quorum of the Twelve assures that it will always be in good hands and that, come what may, there is no need to worry or to fear. Our Savior, Jesus Christ, whom we follow, whom we worship, and whom we serve, is ever at the helm. As we now go forward, may we follow His example. He left His footprints in the sands of the seashore, but He left His teaching principles in the hearts and in the lives of all whom He taught. He instructed His disciples, and to us He speaks the same words, “Follow thou me” (John 21:22). May we ever be found doing so.”

    I thoroughly trust that the prophets are called of God and that they are not running this Church alone, but that Jesus Christ stands at the head. So I will put my trust in the Lord and His prophets. And, therefore, anyone who issues calls to action to members of the Church on behalf of the Church, who does not have authority to do so, I will not follow.

  24. Deborah
    4:12 pm on September 15th, 2013

    “Functionally, there is no person that can tell me I am equal. I know I am equal, I know I am a daughter of God, I know he loves me … I feel that when I pray and when I go to the temple…”

    I agree 100% with this statement which is why the issue of women holding the priesthood is a non-issue with me. Holding or not holding the priesthood is entirely immaterial to my relationship with God and my personal salvation. What is fundamentally pertinent to my salvation is that the priesthood is here on the earth and I have ready and equal access to it at all times. God is fair and just. Do you really think any woman living alone has less access to the priesthood than one who does not? Or that somehow God will deny her blessings?

    If the Lord decides He wants women to hold the priesthood, great, I'm all in. But it would not effect my testimony one way or the other. I have no need to “agitate” because I feel no discrimination.

    Having said all that, I applaud Kate's graciousness. When a controversial issue is approached in this way, it causes me to listen. I may not agree, but I listen.

  25. ケイト·ケリー
    9:16 pm on September 15th, 2013
  26. KD
    10:22 pm on September 15th, 2013

    Robeson did not write “The House I Live in.” He did sing it, beautifully, and perhaps most famously in the context of Union Organizing Conferences in the 1940s. The fire hoses were turned on civil rights demonstrators in the 1960s. Real bullets (not rubber ones) were used on those who fought for human dignity and racial equality throughout American history. OW's repeated suggestions that their struggle for women's ordination to the priesthood is akin to the struggle for racial equality in the United States (or in the LDS church )is as misplaced as Elder's Oak's suggestion that persecution against Mormons post-Proposition 8 was like that faced by blacks in Jim Crow America.

  27. Kate Kelly
    6:44 am on September 16th, 2013

    RL I am sincerely interested in knowing how you think we could best honor our truth and push for ordination while respecting the contributions, opinions and methods.

    I sense and acknowledge as valid your anger and annoyance. Constructive, concrete suggestions would genuinely be appreciated.

  28. Kate Kelly
    6:45 am on September 16th, 2013

    contributions, opinions and methods [of other MoFems].

  29. admin
    9:07 am on September 16th, 2013

    We have generally been pleased with the cordial tone of the comments on this interview. However, we have removed some comments we feel are disrespectful or condemning, in keeping with the Mormon Women Project's stringent commenting policy and spirit of bridge building.

  30. Krisanne
    11:29 am on September 16th, 2013

    Kate, thank you for being brave enough to ask difficult questions. The entire foundation of our church is built on the spirit of seeking. It all started with a 14 year old boy who was uncomfortable with the status quo and sought a deeper truth. Whether or not one agrees with the ordination of women, I certainly don't see anything disagreeable about the process of honest and heartfelt inquiry. You have a lot of integrity. Kudos to you.

  31. Jennifer
    12:31 pm on September 16th, 2013

    Interesting interview. While I have not sought after the priesthood and don't intend to, I can definitely appreciate the importance of the discussion. This church started because someone asked the hard and unpopular questions. Thanks for sharing your story.

  32. Olivia
    4:57 pm on September 16th, 2013

    I disagree with this fringe movement away from the mainstream church and won't be championing it or congratulating it. The temple and doctrine therein makes it very clear where the Lord stands on this issue. I am excited for General Conference to hear from our inspired Priesthood leaders who are called of God. Only a few more weeks!

  33. Tasha
    9:11 pm on September 16th, 2013

    I'm one of those Mormon feminists that definitely has reservations about the idea (though less so the website). It's simply just not something I can agree with. I don't pretend to understand the current dynamics and certainly see plenty of false culturally-built ideas about gender that I don't personally subscribe to. That stated it was helpful to read the essays by the women. And I read quite a few of them (almost all of them when I did it, now probably closer to half or so). And though I don't fully understand and am working to develop my own understanding about the priesthood and women, I can't subscribe to the reasoning provided by these women. They felt incomplete, worked within only a given paradigm, and I could find plenty of ways to reframe the ideas, thoughts, feelings, etc that were expressed. Many of the more emotive reasons simply were not what I felt at all. Simply put it was not enough valid reasoning for me to assume in female ordination exactly like men.

    It helped me to figure out where I could or couldn't stand in more defined terms by recognizing why I didn't believe beyond subjective feeling. Before that, I sensed that it wasn't the right approach or better gender equity without the words for it beyond that and without being particularly satisfied with the answers usually given by women as to why they don't want it.

    It's probably not exactly what would be expected, but I think dialogue in this regard should expect pushback and apprehension about it. It's not necessarily about pushing against the status quo, but how and why and where that status quo is pushed. It's in these things that I hold the most reservations about it.

  34. Julie
    4:17 pm on September 19th, 2013

    I consider this recent BYU Education Week address by Robert Millett, professor at BYU and author to be a fantastic addition to this interview. From the Church's website (just published):

    https://www.lds.org/church/news/five-ways-to-detect-and-avoid-doctrinal-deception?lang=eng

  35. Amanda
    5:09 pm on September 20th, 2013

    Kate,
    I so strongly admire your courage and conviction and integrity. As a MoFem I have struggled with what I believe (is female ordination necessary? sufficient? the best way to push things forward?) and also the courage to act on my beliefs. I feel refreshed reading your interview and encouraged to be more faithful and more authentic.

  36. Jamie Z
    1:04 pm on October 1st, 2013

    Kate: you are flaming wonderful and brilliant. Thank you for your voice and your courage.

  37. Jenn S
    10:46 am on October 2nd, 2013

    I really appreciate reading this biography. I admire Kate's courage and support her movement in my heart and mind. I support it because I see no other way to bring about a condition for completely active and faithful women in the church to act upon their agency unless they have a level of control and power from which to act.

    From my perspective, this doesn't currently exist with the many inequalities that exist starting at age 8 between female and male.

    I believe that women and men should be able to act according to their conscience and that societal and cultural parity must exist between the sexes in order for this to occur.

  38. So You Want God's Power? | Teresa Hirst
    12:28 pm on October 2nd, 2013

    [...] in reality, these discussions started online years ago and most recently about six months ago by a woman named Kate Kelly and others who advocate for women being ordained to the priesthood in the Church at [...]

  39. J.
    10:34 am on October 8th, 2013

    ケイトケリーは美しく優雅に彼女の観察、思考や感情を表現しています。 私が読んだ読者のコメントの多くは、洞察力と考えさせられるしている。 、良いスマート、かつ野心的な女性の家庭の父での滞在、そして夫として、私はいくつかの性役割の問題を理解し、いくつかのLDSの女性が聖職に叙階されていないと持っているにも関する。 本来あるべきほど謙虚で精神的でない権威の位置の男性は確かにありま​​す。 同様に、しかし、同様に不完全で権威の位置の女性があります。

    私は女性が支配している場合、世界は私たちが住んでいる世界とは異なるだろうか疑問に使用されます。 一部の女性は、それが優しく、穏やかな、より文明の場所になるだろうと主張している。 (労働力のすべての私の大人の生活の中でと経験)マンハッタンの私たちの小屋の建物のディレクターを務めることは、セックスが文字を決定しないことを私に示した。 私はセックスの役割が逆転した場合には、世界が今ないほとんど同じレベルで機能するかなり確実に感じる。 女性は男性と同じくらいできるか? もちろんです。 男女間の違いはありますか? はい。 彼らは重要ではありますか? 私はわからない。

    「神は本物だ。ケイトが言った彼女の父親を、引用して誰かの質問に対して先に答えた。 イエスがキリストである。 ジョセフ·スミスは天の御父と救い主を見た。 モルモン書は真実である。 トーマス·S·モンソンは預言者である。 女性は、神権を保持する必要があります。「私はこれらのステートメントのほとんどをエコー。 しかし、私は行方不明見つける二つのことがあります。 最初は、父なる神とイエス·キリストがジョセフ·スミスを通して福音を回復し、知識の宣言です。 第二は、直接関係、トーマス·S·モンソン、この時点で地球上の預言者...だけではなく、 ""預言者である宣言です。

    私たちの信仰の基本的な教義は、神が単一のヒト、マウスピースを介して彼の教会を指示していることである。 私たちは、召しを持つ私達のそれぞれが私たちのstewardshipsで私たちを助けるために神からインスピレーションを受ける権利があることを知っているが、私たちは私たちが管理してい、その上以外の教会全体、または組織のためのインスピレーションを受けることはありません。 現在、モンソン大管長は、すべての人のためのインスピレーションを受ける権利を有する。

    男として、それは教会の男性会を持っている私には便利だし、聖職に付属して私の責任と期待を持っている。 私は、これらの若い男の子とすべての年齢の男性のための本当に良いですと思います。 しかし、これらの考察は本当に重要ではありません。 重要なことは、神の意志への服従である。 実際には末日聖徒としての気概の唯一の真の証拠は、キリストがゲッセマネで十字架に示したのと同じように、神の意志に私たちの服従である。 それは、人的資源の得策で使用できません。 それは私たちの行政電位に達していません。 それは、私たちがそれを理解していない場合であっても、神の意志への服従です。 明らかに、女性は、神権の召しの男性と同様に行うことができます。 そして、聖職叙任は、遅かれ早かれ、[OK]を、いくつかの点で女性になれば。 実際に忠実なのLDSフェミニストであるあなたのそれらへの私の質問は...それはあなたが任命される神の意志ではない場合、あなたはそれで大丈夫ですか? あなたは忠実なままになります? あなたはあなたのために神の意志に提出するのでしょうか? 私はあなたが期待しています。

  40. Ginee
    2013年10月14日6:45

    Kaynaは私がとても美しく考えていたかを語った。 女性は「均等化」されている世界では、何が良い、固体の男性の成長、私たちの人の重要性はどうなりますか? 私は女性がequal.Youngの男性が火傷になって、女性は、彼らが不必要なある彼らを言っている間に、より多くの家庭で生活しているというの名の下に多くを取って喜んでいる場合、より多くの男性が平等に責任を取っていない参照してください。 私はちょうど私のために多くの作業を意味する聖職を持つ怖いです。 女性は氷山のようなものとして、私は今私たちの一部のように感じる。 先端のみが表示され、残りの部分は今のところ、私たちの視点に隠されているので、私たちは不平等な感じ。 そのアナロジーが正確に真実ではないとしても、私は彼の魂を保存し、eternitiesの私の価値が仲間であることが私の夫、地球上の聖職を「許可」するかを選択しなければならなかった場合、私はよりがない他の理由のための「不平等」になります彼を救う。 私は強く、すべての聖職の使用を持っていないが、私の夫、息子、兄弟​​、そして自分自身を保存することであると考えています。 私たちは私たちの両方が全体のことをお互いに傾く統一カップルになることを学ぶと思います。 My hubby works many hours ( I work outside the home too) the home work is not shared now, what would having the priesthood for me change other than to tell him he is even less needed than before? I can do most anything and have on my own because he wasn't there- we also have a small ranch, and I have done “man's” work and hated it. I have had to come into the house after taking care of a man's work outside and still do my mothering responsibility, no one picked up “my” work. I need him to have the priesthood and step up to do his share to show me and him that he is needed on earth and in the eternities. I am sorry we don't see life the same way, but I can't and won't take more work on in the name of equality or the priesthood.

  41. SP
    10:32 pm on October 30th, 2013

    Quoting President Hinckley as saying women could be given the priesthood if only we would “agitate” for it is misleading. And, yes Kate I read the entire interview from the link you posted. upon reading the interview I realized president Hinckley said no such thing, he is merely responding to a question by a very adept reporter who is trying to get something extraordinary out of his interviewee as is the job of a good journalist. Of course the reply is , Yes if He chose to change it (as was the case with African Americans getting the priesthood), then it would be changed. What was He supposed to say, No, if God reveals this to us then we still stand firm on his position. What is more revealing though is the rest of his comments concerning women and the priesthood in that particular interview. My goodness if we were going to use the excuse that if only there is enough agitation then God will change something then there are a litany of other what we consider eternal principles that could be changed as well. It also implies that somehow God is more interested in appeasing the masses than to holding to Divine law. I am more of a feminist than you may think reading this. I struggled for a very long time with the Family Proclamation because of its strong gender descriptions. I almost left the church because of it, but I did something that changed my life and my perspective. I prayed with “all the energies” of my heart to know whether or not it was true, and you know what? I was wrong and God was right.

  42. Kayrena
    1:11 pm on April 8th, 2014

    I wholeheartedly loved and supported the premise of this website until it chose to feature this woman. I think that women who are actively trying to change one of God's laws and who choose to ignore the many statements from God's prophets are not women who are strong examples. I would hope that as Mormon women in the Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints, we would bind together in strengthening one another in making and keeping sacred covenants that lead us back to the Savior. Trying to lobby against God and his ways isn't something I will choose to support or entertain. I hope you will carefully choose who you feature in the future.

  43. susan
    6:28 pm on June 24th, 2014

    I generally do not comment on current events such as this, but I do see parallels in the Chruch's beginnings. Ms. Kelly I admire the courage of your convictions. Indeed convictions have brought the LDS church to the place in the world it is today. I am a convert to the Church and was converted by a very dear friend in high school. I too took a class on Modern Day Revelation and also a class on Joseph the prophet. I came to realize, for me, personally, that for Joseph to have gone through all that he did and to never waver in his convictions and the things he knew were true, indeed, to give his life, to go through all that hell, such that the Church has succeeded and grown to encompass the whole world. As Time Magazine said on it's cover, Mormon, INC.,that the Church and all it teachings must be true. I hope that your beliefs will take you to those same conclusions—–it seems that your life will be interesting, but to be excommunicated from all that has been revealed to you and to not partake, a mighty price you are paying. But then so too, did Joseph Smith pay a huge price, as did Emma and Hyrum. I wish you well and I wish you Grace.

応答を残しなさい

SEOによって供給プラチナSEOからTechblissonline